スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[3ds max PFlow] Data Operatorで稲妻エフェクト

キャラクター物のエフェクトでよく稲妻表現が求められるので、使い回しがし易いようにData Operatorで組んでみました。悩んでいたところがあったのですが、そこが解決したので簡単にですが解説してみたいと思います。

WIPですが、現状は動画のようになっています。翼のように広がっているオブジェクトがエミッターです。下側の青いオブジェクトがターゲットです。そこへ向かって稲妻が伸びます。パーティクルの発生位置から最も近い場所を目指すように設定しています。右端の稲妻はインスタンスしているオブジェクトです。

PFlowの全体の構成は次のようになっています。
PFlow

悩んでいたのは、ランダムに発生させたパーティクルをそのままエミッター上に留める方法です。それをData Operator上でどう設定すれば良いのかが分かっていませんでした。このエミッターのサーフェス上で稲妻が10F ほど留まっているのが分かると思います。エミッターでは固定している一方で、地面側では常に動きつづけるようにしています。PFlowではよくあることですが、分かってしまえば簡単でした。

まず、ランダムに発生するようにします。ポイントは、このときにOutput Newオペレータで各パーティクルに対してサーフェス上の位置を出力しておきます。発生時の位置のみを出力しています。
Initial Position

次のData Operatorで発生以降のパーティクルの位置を決めます。構造は上記とほぼ同じですが、違う点は上記で出力した位置を入力しているところです。先ほど出力した位置はローカルな情報なので、移動してもそれを参照して位置が更新されパーティクルが固定されているように見えます。
Lock Position

以上、エミッター上での固定の仕方でした。長くなるので全体の解説はありませんが、個人的に一番困ったところを書いてみました。また、未検証ですがもしかしたらエミッターの形状が変化する場合は今回の方法では不十分かもしれません。

スポンサーサイト

テーマ: 3DCG - ジャンル: コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。