スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Houdini Indie] Houdini Indieの購入/インストール

時間ができたのでHoudiniを勉強しようかとHoudini Indieを購入しました。 このブログを書いている時点では日本の代理店からは買えないようです。そのためSide Effects Softwareのサイトから購入することになりますが、もちろん日本語ではないため購入手順がちょっと分かりにくいかもしれません。 私のときの例ではありますが、ご参考までに手順をメモしてみました。

Houdini Indieは、制限付きのコマーシャルライセンスです。年収の制限などがあります。Houdini Indieを購入すれば、Houdini Engine Indieも使えます。概要はそのような感じですが、詳細についてはサイトを精読してください。

以下、大まかな手順です。

  1. Side Effects SoftwareのWEBサイトでアカウントを作成してログインします
    画面右上の[Log in]からアカウントを作ることができます。Login画面下のCreate Oneからアカウントを作成してください。他のサイトのアカウントを利用することもできるようです。
    Login

  2. Houdini Indieのサイトへ
    サイト画面左上のProductsタブ > Houdini Indieから。

  3. 購入するには"BUY HOUDINI INDIE $199 USD"ボタンを押してください
    ボタンを押したときにログインしていない場合は、この段階でログインを求められます。
    BuyHoudiniIndie

  4. ユーザー情報(氏名、住所、電話番号など)を入力をします
    画面のキャプチャを残していかなったのでうろ覚えですが、ユーザー情報を入力しました。

  5. 購入にはクレジットカードが必要です
    私の場合は、Vプリカで購入できました。Vプリカを使ったことがなかったので試しに使ってみましたが大丈夫でした。海外サイトでクレジットカードを使うのがコワイ時には良い選択肢かもしれません。手数料がちょっと高目なのがイタイですが。

  6. 購入手続きが成功すれば、メールが送られてきます
    メールにはダウンロードリンクとライセンスキーが記載されています。

  7. ダウンロードリンクを開く
    Side Effects Softwareのサイトへ事前にログインしておきます。それからリンクを開いてください。ログインせずにリンクへ行くと体験版などへのリンクが表示されました。

  8. ダウンロードサイトから最新版をダウンロードする
    Houdiniは更新が頻繁なようで、たくさんのバージョンがアップされていますが、サイトの一番上のバージョンで良さそうです。 Windows版のvc9とvc11は、Visual Studio C++のバージョン違いのようです。私はとりあえずvc11の方をインストールしました。

  9. ダウンロードしたファイルを起動してインストールします
    Windowsの方はexeファイルをダブルクリック。

  10. Houdini Indie以外のバージョンもインストールされます
    インストールされると以下画像のように、Indie以外の他のHoudiniも一緒にインストールされるようです。Indie以外はライセンスがないので体験版として起動しました。
    Installed

  11. License Administratorでライセンスを設定します
    ライセンスの設定は簡単で分かりやすかったです。License Administratorを起動します。File > Install Licenseから設定。メールで受け取ったキーを入力します。ライセンスが通れば以下の画面のように表示されます。
    License

  12. Houdini Indieを起動します
    デスクトップのショートカットを起動するとIndieではなく、Houdiniの体験版が起動したような気がしますので、スタートメニューから起動してみてください。 (起動すると以下のような画面が表示されますが、パネルの色などは初期設定では明るいグレーです。)
    RunHoudiniIndie

以上です。

スポンサーサイト

テーマ: 3DCG - ジャンル: コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。