スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[3ds max S3D] ステレオカメラリグを更新しました。

3ds max用のステレオカメラリグを更新しました。今回の更新は、機能面では変化はありません。カスタムアトリビュートのレイアウトを改善してパラメータを見やすくしたのが、主な変更点です。

■ダウンロードリンク■(リンクをGoogle Driveに変更しました。2016/12/22)
mjStereoCam_Target_2015S_v15 : 標準カメラ、2015以降、ターゲットカメラタイプ
mjStereoCam_Free_2015S_v15 : 標準カメラ、2015以降、フリーカメラタイプ
mjStereoCam_Target_2015V_v15 : vrayカメラ、2015以降、ターゲットカメラタイプ
mjStereoCam_Free_2015V_v15 : vrayカメラ、2015以降、フリーカメラタイプ
※V-Rayは、3.0以降対応です。2.0でも動くとは思います。

旧バージョン
ターゲットカメラタイプ : v09, v10, S_v11, V_v11
フリーカメラタイプ : v09, v10, S_v11, V_v11
v09,v10の取り扱い説明書

■使用上の注意■
1.商業作品を制作するときの使用はOK!
2.使用していただいたときは、使用した作品名など教えていただけると嬉しいです。
3.このリグを使用すること(あるいは使用できないこと)によって発生した損失や損害に関して一切責任を負いませんので、その点はご容赦ください。

■更新履歴■
2017/02/12 v15の変更点
 ・ガイドとして表示しているの平面のサイズ調整にミスがあったので修正しました。
 (1920x1080,Space10%としたときに、ガイド平面がきちんと1920x1080の範囲内かつ、左右のカメラの視錐台に収まるようになっています。ここのサイズ計算にミスがありました。)

2017/01/29 v14の変更点
 ・ターゲットカメラ版のターゲットコンストレイントに不具合があったので設定し直しました。
 ・その際に、シーンファイルのMaxバージョンが2015に上がってしまいました。

2014/02/10 v13の変更点
 ・カスタムアトリビュートのレイアウト変更
 ・一部コントローラで実数式を使用していたところを実数スクリプトに統一
 ・スピナーでAngleとPercentの指定ができなかったので、floatで置き換え
 ・ガイドプレーンの幅を左右のカメラで共有したビューアングル内に調整

2012/02/14 v11の公開


使い方は、以下「続きを読む」から。
スポンサーサイト

テーマ: 3DCG - ジャンル: コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。