スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基準と差分

きちんと裏が取れているわけではないのですが、
いくつか見聞きしたことで分かってきたことがあります。

それは、
どうやらS3Dでは、Lが基準で、Rが差分である、ということです。

base_sub_LR


これがデフォルトになりつつあるようです。
一般的なカメラリグというと、以下を思い浮かべると思います。

stereocamLCR


ところが、海の向こうではこのようなリグが使われているようです。

stereocamCR


センターカメラをLとして使っているようです。

理由として想像できるのは、
目線の問題があるのだと思います。

S3D作品は、2Dバージョンも用意されることがほとんどだと思います。
でも、わざわざセンターカメラをレンダリングしたりしませんから、
LRどちらかが2Dにします。

ここで問題なのは、一般的なカメラリグを使った場合、
LとRのどちらを2Dバージョンとしてしまっても、
どちらも微妙に目線が外れてしまいます。
(レイアウトによってはバレないこともあるでしょうが)

つまり、目線が来ません。

センター(L)とRの組み合わせの場合は、Lがカメラの重心で、目線もLにします。
そのため、Lを2Dバージョンとして使えば、きちんと目線がきます。

また、Blu-ray 3D(フレームパッキング)も、基準はL、差分はRのようです。
元同僚から聞いたところ、2D3D変換されたある邦画をBlu-ray 3Dにしたときに
ちょっとした(?)トラブルになったことがあったそうです。

元映像をR、2D3D変換によって作り出した映像をLにしてしまったがために、
いざオーサリングするときに問題になったようです。

デフォルトでは、Lが基準となる(と思われる)ため、
そのまま変換されたLを基準としてしまうと、
2Dとして再生したときは、2D3D変換された側の画が表示されてしまいます。
当然、変換された画なので、単体で見てしまうと画面のそこかしこに
不自然な部分が見つかってしまいます。
これでは商品になりませんよね・・・


Lが基準で、Rが差分
これって常識なんでしょうか?


これらを踏まえてMax用のカメラリグを更新しようかな。
時間を作ろう・・・


あぁ! 告知を忘れていましたが、またセミナーをやります。明日ですが・・・

↓↓↓↓↓
7月1日 「3DCG制作者のためのS3D最短講座」:ダイキンCOMTEC
スポンサーサイト

テーマ: 3DCG - ジャンル: コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。